rango 解説

ブリッジ・クロスチェーン

Rango Exchangeの使い方解説。クロスチェーンDEXアグリゲーター

 

当記事では、Rango Exchangeの使い方と特徴を解説します。

 

Rango Exchangeとは

Rango Exchangeを使うと、様々なチェーンをまたいで簡単にブリッジとスワップができます

例えば、BNBチェーン(旧BSC)にある$BNBをブリッジして、Terraで$LUNAを受け取るといったことが可能です。

 

この場合の経路は下記の通り。

rango 使い方

1inchを利用してBNBをUSTにスワップ後、Terra BridgeでUSTをTerraにブリッジ。

ブリッジ後はUSTをLUNAにスワップしてくれます。

 

手数料が最安値になるようにルートを確保してくれます。処理にかかる時間も表記されているのが素晴らしい。

このように、必要なスワップやブリッジを自動的に行ってくれるのがRango Exchangeの特徴です。

 

Rango Exchange公式

 

対応チェーンは下記の通り

rango 使い方

アップデートで更に追加されていく予定。

 

操作方法

実際の使い方を解説します。

今回は、BNBチェーン(旧BSC)にある$USDCをTerraの$USTにブリッジしてみます。

 

step
1
Rango Exchangeでウォレットを接続

rango 使い方

Rango Exchangeにアクセス後、右上の「Connect Wallet」から接続します。

 

rango 使い方

資金の入っているウォレットを接続します。

初めて利用する場合は、ウォレットから署名を求められるので、署名して接続します。

 

rango 使い方

接続が完了すると、Connectedと表示されます。

 

スワップ元とスワップ先のウォレットを接続する必要があります。

今回は、BNBチェーン(旧BSC)にある$USDCをTerraの$USTにブリッジするため、Meta MaskとTerra Stationを接続しました。

 

step
2
通貨と数量を設定する

rango 使い方

  1. ブリッジ元の通貨とチェーンの設定
  2. 数量を入力
  3. ブリッジ先の通貨とチェーンの設定
  4. ルートが確認可能できる

設定後、Swapを選択します。

 

rango 使い方

確認画面が表示されます。

Confirm swapを選択すると、処理が開始されます。

 

step
3
ガス代を払う

rango 使い方解説

メタマスクなどで認証を済ませて、ガス代を払います

何度か確認を押す必要があります。

 

rango 使い方

進行度が確認できます。

View Detailsを選択すると、承認したトランザクションや現在の進行度が確認可能。

 

rango 解説

 

step
4
ブリッジ、スワップ処理が完了

rango 解説

すべての処理が完了すると、チェックマークがついて着金します。

無事にブリッジされているかどうか、ウォレットの残高を確認しましょう。

 

rango terra

たしかに、Terra Stationの$USTの残高が増えて、BSCのUSDCが減ったことが確認できました。

 

同じチェーンならスワップ機能として使える

rango swap

Rango Exchangeは、同しチェーンでのスワップで使うこともできます。

 

便利すぎる・・・

rango 使い方

上の画像は、Polygonにある$MATIC → BSCの$BNBに変換した時のルート。

 

スワップやブリッジは、Rango Exchangeだけで完結できるレベルです。

  • 面倒なスワップやブリッジ作業を一括で設定
  • 手数料が安いルートを自動で設定
  • トランザクションを後から確認可能
  • 資金の流れが視覚的に分かりやすい
  • 複数のサイトにアクセスしなくて良いので、時間の節約ができる

ブリッジ作業やスワップ作業が面倒だと感じている方は、ぜひ使ってみてください。

 

Rango Exchangeを使うとバッジがもらえる

rango バッジ

実績に応じて、バッジが獲得できます。

集めておくと良いことがあるかも知れません。

 

Rango Exchange公式

 

-ブリッジ・クロスチェーン
-

© 2022 ブロックチェーンゲームの教科書 Powered by AFFINGER5