polygon ブリッジ手順

仮想通貨

Ethereum(イーサリアム)からPolygon(ポリゴン)へ資金をブリッジする方法【Matic Web Wallet】

 

今回は、「Matic Web Wallet v2」を使用して、Ethereum(イーサリアム)からPolygon(ポリゴン)へ資金をブリッジする方法と手順を解説します。

Polygonは、EthereumのL2として登場したブロックチェーンで、EthereumやBSCと比べると参入難易度は高めですが、手数料がとても安いのが特徴です。

 

この記事は、こんな人におすすめ!

  • Polygonに資金をブリッジしたい
  • イーサリアムからのブリッジ方法が知りたい

 

資金をブリッジする手順

step
1
Ethereumのメタマスクに資金・ガス代を用意

ポリゴン ブリッジ

メタマスクにブリッジする資金(今回はUSDCを使用)とガス代としてETHを用意します。BINANCE等から送金しておきます。

 

step
2
メタマスクにPolygonを設定する

まず、メタマスクにPolygonを設定します。

メタマスク上部のチェーン名を選択後、カスタムRPCを選択します。

 

matic mainnet

設定画面が表示されたら、Matic Mainnetの設定を入力します。

入力ミスをなくすために、コピー&ペーストしましょう。コピペする内容を下に記載しておきます。

入力後、保存を選択します。

コピペ用

  • ネットワーク名 Matic Mainnet
  • RPC URL https://rpc-mainnet.matic.network
  • チェーンID 137
  • 通貨シンボル MATIC
  • ブロックエクスプローラーURL https://explorer.matic.network/

 

step
3
Matic Web Wallet v2へ接続

Matic Web Wallet v2へアクセスします。

 

Matic Web Wallet v2

 

matic web wallet

メタマスクを接続したらブリッジの下準備は完了

それでは、ブリッジしていきましょう。

 

step
4
ブリッジ作業をする

選択

ブリッジする通貨のDepositを選択します。今回は、「USDC」をブリッジするので、「USD Coin」のDepositを選択します。

 

USDC

ブリッジするUSDCの数量を入力します。今回は、3000USDCをブリッジするため、「3000」と入力しました。

入力後、Transferを選択します。

 

確認画面が出てきます。必ず読んで確認しましょう。記事執筆時点とは内容が異なる可能性もあります。

対応内容:イーサリアムからMaticへの資金移動
入金には約7~8分かかります。

サポートされていないもの:バリデータへの委譲
Delegation/StakingはEthereum上で行われます。Maticに資金を入金する必要はありません。

内容を確認してから「Continue」を選択します。

 

 

ガス代

ガス代の見積もりが表示されます。

内容を確認してから「Continue」を選択します。

 

ブリッジする通貨と数量が表示されます。今回は、3000USDCをブリッジするため、「3000 USD COIN」と表示されました。

内容を確認してから「Continue」を選択します。

 

メタマスクでUSDC使用の許可を与えます。

少量のガス代がかかります。確認を選択します。

 

トランザクションが通るまで待ちます。

ウィンドウ下部に表示されている「Viwe on Etherscan」を選択することで、トランザクション内容の確認ができます。

 

トランザクションが承認されると、Continueボタンが表示されるので、選択します。

 

メタマスクでガス代を支払います。

 

トランザクションが通るまで待つと、ピースサインが表示されます。

これでブリッジ操作は完了。あとは着金を待つだけです。

 

処理中のブリッジは、画面の上部にある「Transaction In Progress」でも確認できます。

 

step
5
着金を確認する

着金

ブリッジが完了すると、メタマスクに設定した「Matic Mainnet」にUSDCが着金します。

USDCが表示されない方は、下記手順で設定を行ってください。

 

USDCが表示されない場合

メタマスクにUSDCの設定が必要です。Matic Mainnetを選択し、「トークンを追加」を選択します。

step
1
「トークンを追加」を選択

step
2
USDCのコントラクトアドレスを入力

コピペ用

USDCのアドレス:0xa0b86991c6218b36c1d19d4a2e9eb0ce3606eb48

コントラクトアドレスを入力すると、トークンシンボルの項目が自動でUSDCと表示されます。

「次へ」を選択すると、メタマスクにUSDCが表示されます。

 

Polygonに参入完了

メタマスクに着金したらPolygonで運用準備が完了です。

が、手数料として使用するMATICを用意する必要があります。USDCをブリッジしただけなので、MATIC残高は0になっています。MATIC残高が0だとPolygonでトランザクションを送信することができないため、運用を開始することができません。

ということで、最初のMATICを入手する手順を解説します。

 

DFYNで最初のMATICを入手する

最初のMATICは、DFYNのガスレスモードでスワップするのが手っ取り早いです。

DFYN Exchange

 

step
1
Gasless Mode(ガスレスモード)をONにする

MATIC ガス用

DFYNのSwapページにアクセスし、「Gasless Mode」をONにします。

「Gasless Mode」をONにすると、ガス無しで取引出来るので、新規参入の際にCEXでMATICを入手して送る手間が省けます。ガスレスの仕組みは公式docに記載ありますので、興味があれば読んでおいてください。

 

step
2
ブリッジしたUSDCをMATICにスワップする

swap

先ほどブリッジしたUSDCをMATICにブリッジします。Polygonは手数料が安いため、少額で大丈夫です。

これで運用するためのUSDC、ガス用のMATICが用意できましたね。

-仮想通貨
-

© 2021 ブロックチェーンゲームの教科書 Powered by AFFINGER5