CNPとは

NFT 日本のNFT

CryptoNinja Partners(CNP)とは?日本を代表するジェネラティブNFT

 

この記事では、CryptoNinja Partners(CNP)のこれまでの歩みを解説します。

CryptoNinja Partners(CNP)について知りたい方や、これまでに起きた出来事を振り返りたい方向けの記事となっています。

 

こんな方におすすめ

  • CNPを知りたい方
  • CNPのこれまでの歩みを振り返りたい方
  • CNPを買ってみたい方

 

CryptoNinja Partners(CNP)とは何なのか?

CNP NFT レビュー

CryptoNinja Partners、略してCNPは、国内最大級のNFTコミュニティ「NinjaDAO」発のNFTプロジェクト。

2022年5月15日に22,222点のNFTが発売され、現在では2ETH(約40万円)を超える価格で取引がされています。

現在、出来高は7000ETH(約10億円)を超え、CNPの保有者は国内外含め、5000人を超えました。

 

CNPは、NFTマーケットプレイス「Opensea」や、クレジットカードでNFTを購入できるサービスpieを通じて購入することができます。

>>OpenseaでCNPを見てみる

>>pieでCNPを見てみる

 

CNPのこれまでの歩み

  • 2022年
    • 5月15日:CNPローンチ、プレセールで完売する(0.001ETHで販売)
    • 7月31日:ルナ(Luna)が登場(第1回バー忍)
    • 9月2日:CNP Friends iPhone版でテスト版がリリース
    • 9月16日:CNP Friends Android版のテスト版がリリース
    • 9月20日:CNP Land in Sandboxの開発を発表
    • 9月26日:CNP保有特典を検索できるサイト「CNP Owners」を公開
    • 10月18日:CNPのロゴ(3種)が決定
    • 10月22日:CNPを"日本円・請求書払い"で購入できるサービスを開始
    • 10月28日:ふるさとCNP第1弾、余市町ふるさとCNP2022のリリース
    • 11月1日:ヤーマ(Yama)が登場(第2回バー忍)
    • 11月12日:CNPの流通総額6000ETH突破!
    • 12月26日 :カヤックアキバスタジオの協力のもと、スマホゲーム「CNP忍界大戦(仮)」を開発することを発表
    • 12月27日 :取引数が20,000件を突破。国内NFTで最多取引数を達成
    • 12月28日:ソフトバンク株式会社とCNPの取り扱いに関する基本合意を締結、発表
  • 2023年
    • NFTマーケットプレイス「Xinobi(シノビ)」の開発中
    • CNPのスマホゲーム「CNP忍界大戦(仮)」(2023年7月予定)

新しいキャラクターと交換する「バー忍」

CNP NFT レビュー

CNPの新しいキャラクターが登場した際に、既存のキャラクターと引き換えに新しいキャラクターと交換できる仕組みがバー忍です。(総発行数は変わらない)

年に3回程度のペースで行われ、バー忍に参加するためには、CNPを保有し、条件を満たす必要があります。

 

過去に行われたバー忍は下記のとおりです。

  • 2022年7月31日~ ルナ(Luna)が登場
  • 2022年11月1日~ ヤーマ(Yama)が登場
  • 2023年??月??日~ ???が登場

 

ルナ
このルナもバー忍によって生まれました!

 

バー忍のメリットは、既存のキャラクターを減らし、新たなキャラクターに生まれ変わらせることで、CNPのフロア価格が上昇が見込めること。

 

人気のないキャラクター、微妙な見た目のキャラクターがバー忍されるので、フロア価格の上昇が見込めます。

それと同時に、バー忍されたキャラクターの数は減る為、稀少な存在になっていきます!

 

バー忍するためにCNPを購入する需要(流動性)も生まれるため、CNPを売りたい人にとっても良い仕組みですし、取引が盛んになればCNP運営にセカンダリー収入が入ってCNPがより発展していきます。

 

まとめると、

  • バー忍は年に3回程度行われる
  • 新しいキャラクターを手に入れるチャンス
  • 総発行数は変わらない
  • 既存のキャラクターの数を減らすことで、稀少な存在になる
  • CNPの取引に流動性が生まれる(バー忍用にCNPを購入する需要が生まれる、特定期間の間にCNP購入することでバー忍権利獲得など)

 

CNPの保有者向けスマホアプリ「CNP Friends」

2022年9月2日にテスト版がリリースされました。

Twitterのような一言発信や画像の投稿、CNP保有者同士のDM機能がメインの機能となっています。

CNPをアイコンに設定し、歩くことでポイントを獲得できる機能もあり、付与されたポイントは、将来何かしらの用途で使用できます。

 

iOS、Androidそれぞれに対応していますが、CNPのNFTを所持している人だけが利用できます。

 

CNP Friendsで出来ることは下記のとおりです。

  • 保有するCNPをアイコンとして設定可能
  • コミュニケーション機能
  • 歩数カウント機能

 

 

ふるさと納税の返礼品「ふるさとCNP」

CNP NFT レビュー

ふるさと納税の返礼品としてNFTを受け取れる仕組みです。

人気のため、すぐ売り切れてしまうようですが、ふるさと納税とNFTに興味のある方は納税を検討してみるのも良さそうです。

なお、返礼品として受け取れるNFTは、CNPではなく、furusatocnpという別コレクションなので注意してください。

 

  • 第四弾:12月9日(金) 福井県坂井市(受付終了)
  • 第五弾:12月16日(金) 北海道芦別市(受付終了)
  • 第六弾:12月29日(木) 北海道芽室町(受付終了)

 

▼最新のふるさと納税×NFTの情報は、「あるやうむ」の公式Twitterをチェックしましょう。

 

実店舗での特典が受けられる「CNP Owners」

CNP NFT レビュー

CNPを持っていると、飲食店での割引やドリンクサービスを受けることができます!

レストラン、カフェ、雑貨店、宿泊施設、マッサージなど、優待を受けられるお店は今後も増えていきます。

 

特典を受けられる実店舗は、CNP Ownersの公式サイトで確認できます。

 

ルナ
近所に利用できるお店があれば行って見ると良さそう!

 

事業者向けの資料もあるので、お店を経営している人はCNPとのコラボをしてみるのも良いと思います。

 

 

NFTマーケットプレイス「Xinobi(シノビ)」

独自のマーケットプレイスを開発しています。

  • Openseaで取引するよりもお得な特典をつける
  • アフィリエイト機能付き

 

現在、NFTの取引は「OpenSea」で行われていますが、取引手数料が高かったり、動作が遅かったりします。偽物のコレクションも簡単に作られてしまうので、セキュリティ面でも不安があります。

上記の問題点を解決することを目指して、開発されてるのが「Xinobi(シノビ)」です。

 

Openseaで取引するよりもお得な特典をつけたり、アフィリエイト機能をつけてブロガーやインフルエンサーを巻き込み、NFTの知名度を上げる工夫をする予定。

CNPはもちろん、日本の時価総額上位のプロジェクトは、Xinobiで売買される未来になりそうです。

 

 

請求書払いでCNPが買える(法人向けサービス)

日本円・請求書払いが可能になり、ETHを取得することなくNFTを購入することが可能となりました。販売するCNPは、株式会社バケットが管理している分(運営保有分)です。

 

法人を持っている方向けのサービスで、企業での経理処理が簡単になるというメリットがあります。

 

ほとんどの人は利用することは無いと思いますが、企業がCNPを保有することでCNPの価値が高まります。

○○の企業がCNPを買った!となれば、プラスのファンダにはたらきます。

 

ソフトバンク株式会社とCNPの取り扱いに関する基本合意を締結

 

ソフトバンクとデジタルマーケティング支援の基本合意を締結しました。ソフトバンクのマーケティングでCNPの知名度が上がっていくと良いですね。

CNPは、すでに大企業を巻き込めるほどの力を持っています。今後のWeb3マーケティングにも注目です。

 

CNPの購入方法

2通りの購入方法があります。

  • ETH(仮想通貨)を使った購入方法
  • pie(クレジットカードで日本円)を使った購入方法

 

pieはクレジットカードでNFTが購入できるサービスです。

Pieの手数料5~15%が上乗せされるため、安く購入したい方は仮想通貨を扱えるようになりましょう!

 

仮想通貨なら、pieで購入できないNFTを購入できたり、NFTのミントにも参加できたりします。

開発中のマーケットプレイス「Xinobi」の利用にも仮想通貨が使用できると思うので、今のうちに仮想通貨に慣れておくと良いでしょう。

 

仮想通貨を使った購入手順は以下のとおりです。

  1. 仮想通貨の口座開設
  2. ETH(イーサ)を購入する
  3. メタマスクにETHを送金する
  4. CNPを購入する

 

仮想通貨の口座開設が必要なので、最初のステップとして、コインチェックで口座開設しておきましょう。

口座開設後は、本人確認までやっておきましょう。(入金や出金する際に本人確認が必要となります)

コインチェック

 

▼更に詳しい購入手順は下記の記事を参考にしてください!

NFTの始め方
【初心者向け】NFTってどうやって買う?これを読めば、NFTが買えます。

続きを見る

 

1月中に購入するとバー忍に参加できる!

 

 

-NFT, 日本のNFT
-

© 2023 WEB3の教科書 Powered by AFFINGER5