Axie Infinity

SLPの価格が落ちまくっている。Axie Infinity(アクシー)スカラー運用記録。

 

Scholar Ship(スカラーシップ)のマネージャーをしています。

当記事は、2021年11月~2022年1月の間の収益報告と、今後の動きの報告となります。

SLPの価格が下げてきたので、Axie Infinityの未来についても考察していきます。

 

スカラーシップ 現在の収益報告

現在 -75,914円 の赤字。

 

スカラーの要望で、アクシーを追加で購入していたら、2021年中の原資回収ができませんでした

12月下旬には、フィリピンに台風が直撃。その影響でインターネットにつながらなくなったらしく、プレイしてもらえない期間もありました。

 

SLPの価格が落ちまくっている

SLP 価格

最盛期は0.4ドルでしたが、2022年1月時点で0.018ドルまで価格が落ちました。売り圧が強い模様。

BTCの価格が低下したので、その影響もあると思います。

 

価格低下の原因を考える。

いくつか原因を考察してみました。

憶測が含まれているため、NFA、DYORでよろしくお願いします。

 

ブリードのリスクが高くなった

SLP 暴落

ブリードはSLPの消費手段のひとつですが、ブリードされづらい状況になっています。

 

理由は以下の通り。

MMR800以下になると、SLPが獲得できない → 弱いアクシーが売れない → ブリードされず、SLPが消費されない。

アップデートにより、ブリードに必要なSLPが増え、AXSの必要数が減りましたが、「MMR800の壁」が原因でブリードの敷居が上がっています

 

アクシーが余っている → 売れないため、価格競争が始まる → SLPの価格低下

アクシー個体の価格が下がってきました。

ユーザーが増えるか、アクシー個体の需要が上がれば価格は上昇すると予想。

 

他のブロックチェーンゲームの登場

2022年になった今、多くのBCG・GameFiでPlay to Earnが実現できます。私が注目しているのは、Gala Gamesや、DeFi Kingdomsですね。

これにより、Axie Infinityに流れていたお金が他のBCGに流れています。

 

Axie Infinityの全盛期は、BCG(ブロックチェーンゲーム)で稼げる=Axie Infinity みたいな雰囲気がありました。

というか、まともにPlay to EarnできたのがAxie Infinityくらいしかありませんでした

 

SLP = 売るためのトークン

SLPをホールドしておくメリットが無いと売られていく一方です。

RONのファーミングで使用できますが、やっている人は少数?だと思います。少なくとも、スカラーとして雇われているフィリピン人はSLPを売るだけだと思います。

上でも解説したように、ブリードも積極的に行われない状況です。

 

SLPを消費して何かができるコンテンツを実装しない限り、上昇は見込めないと予想します。

例えば、SLPを消費してアクシーを強化したり?

 

SLP価格…今後のアップデートに期待

2021年Axie忘年会の質問回答によると、Roninチェーンに他社のゲーム(dapps)がのってきたり、スカラーシップの自動支払いシステムの導入を検討しているらしい。

 

ゲームのアップデートとしては、LANDや、Battele V2が予定されています。

 

これらのコンテンツで「SLPをうまく扱う」もしくは、「アクシー個体の価値が上がる」ことができれば、SLP価格上昇が見込めるかもしれません。

 

-Axie Infinity
-, ,

© 2022 WEB3の教科書 Powered by AFFINGER5